筋トレで三角筋を鍛えて肩幅が広い体に

筋トレで三角筋を鍛えて肩幅が広い体に

私は、なで肩ではないので
ずっと肩幅も広いほうでした。

しかし、筋トレをしている人と出会って
肩幅が狭いねと言われたのです。

人生で1度も言われたことがない単語だったので
ちょっと衝撃でしたね。(笑)

筋トレをしている人の肩幅狭いは

肩の筋肉が、もっこりと出ていない意味です。

三角筋が肥大して出ていれば
それだけ肩幅も広くなりますね。

逆三角形に一歩近づきます。

でも、肩トレをしていると分かりますが、

大胸筋なんかと比べると
筋トレをしても中々大きくなりません。

まぁ小さくもないけど
そこまで大きい筋肉でもないのでしょうがないですね。

特に、リアがつきません。

前と中部はいい感じになってきました。

ちなみに、昨日は、やる気が出ませんでしたが

たぶん、今月末には、
タフスタッフとイヴァンコを手放します。

スミスマシンも無くなるので
今のうちに、スミスで肩を鍛えとこうと思って
1時間 スミスだけで肩トレをしましたね。

いつもだったら、サイトレイズなどのレイズ系もしますが、

昨日は、プレス系のみで頑張りました。

レイズ系のほうが効いている感じがしますが、
プレスは高重量を扱うので面白いです。

レイズ系の高回数で、じわじわと効いてくるのは
精神的にきついですよね。

まぁ。昨日は、王道の
ショルダープレスとバックプレスをメイン

最後に、スミスマシンで
リアを鍛えるのがあるのですが、種目名は分かりません。

背中を鍛えるベントオーバーローイングに近い体制で
態勢は、ある程度起こしてやるやつですね。

リアにばっちり入ります。

ただ、リアがきつくなる前に、
握力が無くなるので、
懸垂をするときのグリップは付けておいて下さい。

今日は、体調が微妙に悪いので
筋トレを休むかもしれません。

でも出来れば、背中と二頭筋をしたいですね。

そのまま体調が悪ければ、
無理をせずに休みます。